FC2ブログ

EIKO ART

絵画・アート着物リメイクとプライベートで日々感じたことを描いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

謹賀新年

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします





スポンサーサイト
  1. 2017/12/31(日) 21:04:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帯バック   12/2


ご注文でおつくりした 帯バックです 



  1. 2017/12/02(土) 18:13:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯田美樹さんとカフェで  四ツ谷ポール  11/27

この日は日帰りだったので 大忙し

帰り際、東京四ツ谷のPAUL簡単に ジャパンエキスポでお世話になった フランス語通訳の飯田美樹さんにお会いしましたよ
 
久々ですね

パッチリ 赤と黒で決めていますね!

わたしも偶然 赤と黒

「実は夜7時から 東大で講演会なんです」

すごい~ 直前にわたしとあっていていいのかな?

日帰りでなければ ぜひお邪魔したかったですね

美樹さんはカフェ文化の研究をされていて、パリでも美味しいビストロやカフェに案内していただきましたよ

茶道もたしなまれ カジュアルお茶会を開いているそうです

来年 わたしのきもの掛け軸を飾っていただき

カジュアルお茶会に参加させていただく話がでましたよ  楽しみ~♪

https://ja-jp.facebook.com/alternativeway.MikiIIDA.japon/

カフェ文化を研究されています 飯田美樹さんHP
https://comptoir-miki.jimdo.com/



  1. 2017/12/02(土) 17:58:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウナックトウキョウ 六本木  11/27

この日は大忙し。ウナックトウキョウの美術評論家 海上雅臣先生の経営するギャラリーにおじゃましました

4月は 書家の井上有一さんの「貧」の展覧会でした 井上有一さんは 先生が世界にだした書家です

ちょうど、井上有一さんの「花」の展覧会でしたよ

先生は 少したってからいらっしゃるとのことで

井上有一さんとしばらく対話してみました


わたしは この「花」が一番好きですね♪ ↓

それにしてもスタッフ思ったより多いですね 3、4人くらい


先生がいらっしゃって 9月の軽井沢追分以来だったので

何から話そうか? 井上有一さんの感想を述べ、話もつき


「ところで何の用事できたの?」的な 雰囲気に

先生が私の持ってきた筒に気づき 大量に描いた作品をみていただきました


左 海上雅臣先生  

わたしは この「花」が一番好きですね♪
P_20171127_155826.gif

今回は 花、とり、絵本にしたい?作品かなと 

 だいたい私の作品は さらっと描いた作品で 気張って描いたものではありません  

 だって書家の家系だもの


 電話をとりだし 知人に電話しているみたい

 「面白い作家がいるから これから来てみない?」

 はじめ4月にウナックトウキョウで展覧会をやる話がでていましたが、いろんな事情から流れ

 でも、作品は気に入っていただいていて 日本橋の墨専門のギャラリー「kamiya-art」を紹介していただけるとのこと


 はじめいつも 仏頂面っぽいのですが

 作品をみたあとは後は いつも にこにこ顔に 

 「作品は 置いていってね。 みてもうらから」 と

 2日後に 電話がかかってきて 企画展予定がつまっていているんだけど3年後でよければとのことでした

 井上有一さんの展覧会もやっていますね

 フットワーク良いんですよ 思ったら即行動

 3年後、東京オリンピックのときかな? ありがたくお受けしました

 最近 長野で1人で展覧会をやって制作して、販売することにゆきづまっていたので

 よかったです  早く画廊と作品を扱っていただき、制作に集中したいですね!

P_20171127_155830.jpg
P_20171127_155834.jpg

作品をみていただいた後に、写真をみせていただきました

すごい 文化人の方々。
映画監督 黒澤明さん、大島渚さん、画家 池田満寿夫さん 横尾忠則さん 篠田桃紅  作家 大江健三郎さん、大岡信さん 

政治家 中曽根さん 女優 黒柳徹子さんその他いろいろ方


    先生が若い頃から物怖じしなかったのは  俳優と女優の間に生まれた環境にあるよう気がしますね

    若くして、棟方志向さんのことで柳宗悦さんとやりあったり・・・

    当時 棟方志向は柳宗悦の 持ち駒で 民芸としての評価だったのですが

    海上先生が ヴェネツィア・ビエンナーレにつながるよに プッシュして 版画部門で2年連続国際版画大賞

    世界で現代美術として評価されたのでした

    
    ウナックさんが発行している 六月の風を読み 徐々にわかってきたのですが・・・

    お母様は学生時代演劇部で、柳原白蓮さんと平塚らいてうさんとお友達だったみたいです 


    歴史上に登場する方々を耳にするので 長野の山奥から出てきたわたしは ビビりまくりでした

P_20171127_155840.jpg


 長野より、東京だし、東京より海外かと思います

 3年後までに 海外で実績をつくりたいですね

 はじめて海上先生の苗字を聞いたとき まだお会いしていないのに、私も海沼で  

 私は海外にいくべきで

 海上先生が外に出してくれる方だな という直感があったんですね! たぶん


 あの、下手上手な 変な作品を気に入ってくれるなんて!

 墨の変わりダネを楽しんでください~♪  


 9月にNYでとの話がでていて、お知り合いの方の連絡先がわからなかったのですが

 ギャラリーの方に聞けてよかったです 行き違い


 「まだ行ってなかったの。どんどん行かなくっちゃだめでしょ」と


 「後の祭りにならないように」と 先生は もう86才くらい

  すべてのことを急がなくてはなりません


 あと ドイツのフランクフルトに井上有一さんの作品を扱っている画廊があるので
 
 そこもきっと展覧会やってくれるんじゃないかな?


 パリに1年住んでいたことがあり、良いギャラリーがあるので紹介してもよいとおしゃって

 いただきました


 美術の専門分野の方に紹介推薦していただくことが 早道かと

 でもその後は、自力でかんばらねば 
   

  ギャラリーがわたしの作品をみて扱いたいと思うか?は


  別の話でわたしとギャラリーのと問題ですね


  英語苦手だけど どうにかなるかしら?

 

  1. 2017/12/02(土) 16:47:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NBCメッシュテックシルクスクリーン国際版画ビエンナーレ展 有楽町 朝日ギャラリー 11/27

日帰りで久々 東京に行ってきました♪

NBCメッシュテックシルクスクリーン国際版画ビエンナーレ展に入選しました

夏に東京から遊びにきた
甥っ子のこてつくん&もっくんを描いた作品です
「Brother」

墨絵から一版でシルクスクリーンで刷りました


今回はじめて作品展にいき見る機会に恵まれましたが

いろいろと勉強になりました

美術評論家 本江邦夫先生が審査員に入っていますね

数年前に ガレリア表参道で少し作品みていただきましたが

墨絵から一版2版で刷った 猫の作品褒めていただきました

美術評論家 海上雅臣先生にもその作品良いね といわれたので


シンプルだけど墨色で欲張らず 線の遊びを活かした作品で良いかなと思いました

次回も頑張ります

「Brother」

P_20171127_125515.jpg
大賞作品など
P_20171127_125535.jpg
P_20171127_130014.jpg


  1. 2017/12/02(土) 16:35:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。