FC2ブログ

EIKO ART

絵画・アート着物リメイクとプライベートで日々感じたことを描いています

鶴田一郎美人画展  Gallery やさしい予感 東京目黒 9/27

日帰りで 鶴田一郎先生の展覧会に行ってきました

残念ながら 今日は先生はいらしゃいませんでしたが 新作見てきましたよ

こちらのGallery やさしい予感 今年いっぱいで終わりでみたいです

数年前からいっていたので なんだかさみしいですね


CIMG1699.gif

新作原画
CIMG1701.gif

スポンサーサイト



  1. 2015/09/28(月) 17:07:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三人展 上条貴美子 小山利枝子 山岸恵子 ギャラリー82  9/23

三人展にギャラリー82に行ってきました

入り口には 小山利枝子先生の作品がありました かなり!見ごたえのある大作もありましたよ

小山先生の作品で長野の会場でギャラリー82は はじめてみるので また新鮮な感じでした

3人の作家の方さんが まったく世界が違い 面白かったですよ

会場には 中山徳幸先生や先生の奥様 友人の宮尾佳和さんもいらっしゃいました 

img3_CIMG1686.gif
2CIMG1694.gif
img3_CIMG1688のコピー
550_CIMG1687.gif

上条貴美子さん作品
500_CIMG1691のコピー
500_CIMG1690.gif


山岸恵子さん作品
500_CIMG1689.gif
img547のコピー


img548のコピー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE
  1. 2015/09/24(木) 13:36:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横井弘三の世界展  長野県信濃美術館  9/20

横井弘三さんの展覧会に信濃美術館に行っていましたよ♪

数年前から 竹風堂さんでの展覧会に毎年いっていましたが

今回はスケールが違いましたね

日曜日は13時30分~学芸員の方の説明があるので いろいろ横井さんのこと聞けて楽しかったですよ

それにしても 横井さんはホント面白いですね!!へんなところが大好きです
 
きれいな絵ではありませんが 生き生きと伸びやかで逞しく 豊かな感じがいいな 元気になります 子供が好きみたいですね

洋画 焼絵 挿絵 おもちゃや 文字だけのものもあって 得たいの知れない道具の開発とか・・・ いろいろ

絵具も研究し独自のものみたい

作風がまったく違っていたりですが でも横井ワールドなんですね!

昔のananとか ファッション系のおしゃれ雑誌にもでていて びっくり!! なぜ???でしたが 

横井さんの宮沢賢治の挿絵は昔のイラストレーターにも影響をあたえたみたいで その関係で載ったみたいです  
 
一つの型にはまらず 常に開発 研究 わたしもどうちらかというとその方が楽しいのでいろいろと止められませんね~ こまりました



  1. 2015/09/24(木) 13:26:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唐木田又三遺作展  北野カルチュラルセンター  9/16

唐木田又三遺作展 にいってきました
松代焼きや青磁いろいろな陶芸があり面白かったです 絵も素敵でした



500CIMG1674.gif
  1. 2015/09/17(木) 20:14:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵ー美の競艶  記念講演会 小布施 北斎館 10/13まで

9/5に 北斎館で開催されているウェストンコレクション 肉筆浮世絵に行っていきました

夏に信濃美術館でドラッカーコレクション珠玉の水墨画が開催されていましたが 

外国人の収集した肉筆浮世絵ということで 以前からTVでも宣伝していたのでとても楽しみにしていました♪

アメリカ シカゴの日本美術収集家 ロジャー・ウェストン氏所蔵の肉筆浮世絵は、個人コレクションとしては世界有数の規模

で千点以上コレクションの中から 今回の展覧会で約130点展示  前期と後期で大半の作品が入れ替わりました

前期逃してしまたのが すごく残念です  

先送りになっていましたが 9月5日に記念講演会 「検証 江戸美人の化粧・髪型」

ポーラ文化研究所 村田孝子先生のお話が聞けるということで行って来ました

ポーラさんといえば 化粧品の有名な企業ですが 芸術・文化事業にも力をいれてポーラ美術館は有名ですね

ポーラ美術館の所蔵のものは 信濃美術館にもきているのでみていますが まだポーラ美術館は行ったことがないので

ぜひ機会があったら行ってみたいですね!

ポーラ文化研究所 村田孝子先生
5502_CIMG1652.gif

江戸時代の化粧は 紅、白粉、お歯黒、眉剃り、眉作りが中心で 色にしてみると紅の赤、白粉の白、お歯黒、眉剃り、眉作りの黒の 赤、白、黒の3色
500_CIMG1654.gif

白粉化粧→ 「色の白いのは七難隠す」といわれ、古代から色の白いのが美人の条件

お歯黒→江戸時代、女性は結婚が決まると歯を黒く染めた 色が他の色に変わらないところから、心変わりしない、貞操のしるしといわれた
550_CIMG1663.gif

眉剃り・眉作り→江戸時代、女性は結婚が決まるとお歯黒をして 、子供が生まれると眉毛を剃った
        浮世絵に描かれた女性で 眉のないものは 基本的には年増か既婚の女性

550_CIMG1664.gif
550_CIMG1665.gif
 化粧の他、髪型や着物ファッションなどいろいろお話がありましたが 当時の風俗文化を知っていて絵を見ると
      また観かたが変わりますね とても 良い勉強になりました! 着物の文様だけみてもほんと 面白ですね
      そして もっと若い方にも興味を持ってくれたらいいなと思いました

550_CIMG1667.gif

あとわたしが今回の展覧会で注目していたのは 掛軸ですね!

水墨画のドラッカーコレクションの掛軸も凝っていて豪華だったのですが

浮世絵は多彩色なので さらに豪華絢爛でした 絵と布が一体となり本当に素晴らしかったですね!!

着物の絞りのようなものや 刺繍の入ったものもあり掛軸にも使われていて びっくり!

すごく変わった組み合わせなど凝っていて見入っていました これをつくるにはちょっと資金がかかるかな? 

水墨画だと色が一色なので少し難しいこともありますが とても参考になりました 


今後 着物を使った掛軸などもぜひつくっていきたいですね  

床の間がなくなっていく中で洋間に 掛軸広めていきたいです

現代アート墨絵や版画の着物の生地を入れた掛軸と絵を入れた着物リメイクを

特に海外に持っていくのが私の夢であり目標です   また 期間中ぜひみに行きたいと思ってます
  
450_img536のコピー
  1. 2015/09/07(月) 14:11:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第68回 長野県書道展覧会  一般 信濃美術館 小中高部 もんぜんプラザ 8/30~9/6

初日に書道の県展に行ってきましたよ♪

会場には 驥山館の川村龍洲先生もいらっしゃいました


会場 信濃美術館 
長野を代表する先生方の作品
左川村龍洲先生 中央上 一色白泉先生 右篆刻 笠原先生の作品

500_CIMG1632.gif

小中高部
会場 もんぜんプラザ
550_CIMG1642.gif
550_CIMG1645.gif
 
私が小学校1年~3年くらいまで書道を習っていたので懐かしかったですね

海沼家は 曾おじいちゃん おじいちゃん 父 わたしと妹2人 よく考えたら書道をやっていました

子供たち以外は 独学みたいですが

一番下の妹 由紀は 県展で金賞と驥山館で市長賞を小学校の時もらったみたいです

わたしは 今は水墨画をやっていますが 線を生かした墨絵を描きたいなと思っています

300_img533.gif
300_img535.gif

  1. 2015/09/02(水) 13:21:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0